もしかして遺伝?

ここでは、はげ(薄毛)になってしまう理由は遺伝なのかという点について検証し解説しています。

すべてが遺伝かそれだけか?>>

はげ(薄毛)が遺伝すると言われる理由

薄毛になるのは遺伝だから仕方がないと思っている人は少なくないと思いますが、本当にそうなのでしょうか。

よく薄毛は隔世遺伝と言われます。母方の祖父が薄毛だと自分もはげてしまうというものなのですが、これには理由があります。

はげや薄毛の人の血液を調べてみた結果、男性ホルモン受容体の感受性の高さを決める遺伝子は、X染色体にあることがわかっています。ヒトの染色体はXとYの2タイプがありますが、X染色体は母親から受け継ぎます。

ということは、母方の血筋に薄毛の人がいるとその影響が出やすいということになります。女性である母親はAGAにより薄毛になることがほとんどないので、祖父の薄毛が隔世遺伝したように見えるというわけです。

では父方からの遺伝は考えられないかというと、実はAGAの原因となる5αリダクターゼの活性の高さは父親母親に関係なく、優性遺伝で受け継がれます。

つまり母方の祖父が薄毛で、なおかつ父親も薄毛の場合には、遺伝でハゲてしまう可能性は高くなるということが言えます。

遺伝だけが原因とは言い切れない

こうして考えると薄毛の遺伝によるリスクがとても高いように見えますが、薄毛になりやすい性質は遺伝したとしても、必ずハゲるとは言い切れません。

兄弟でも片方だけが薄毛ということもありますので、すべて遺伝が原因であると説明しきれないからです。

薄毛になるのは様々な要素が複雑に関係していて、遺伝によるものは100%ではなく全体の25%とも言われています。

人間には先天的遺伝と後天的遺伝と言われるものがあります。先天的遺伝は生まれつきのものですが、後天的遺伝は生まれてからの生活習慣などに影響されるものです。

先天的遺伝で薄毛になりやすい遺伝子を持っていて、薄毛の父親と同じ生活習慣を続けていれば薄毛になる可能性はおそらく高くなるでしょう。

逆に考えると早くから生活習慣や食生活を見直して、頭皮環境を改善する努力をしていれば薄毛になるのを遅らせたり、抜け毛を予防することができるということになります。

薄毛の原因は遺伝という考え方は決して間違いではありませんが、遺伝以外の原因をシャットアウトすることで薄毛になりにくくすることは可能ということを覚えておきましょう。

  • あなたの若ハゲ度を今すぐ診断

    若ハゲに悩む皆様に、育毛指南をいたします。
    年代別、度合い別、対策別にまとめていますので、必見ですよ。

PAGETOP