髪が生えてこない理由

ここでは、抜けては生えてくるヘアサイクル(毛周期)のメカニズムについて解説しています。

始まりあれば終わりがあります>>

ヘアサイクル(毛周期)を知ろう

髪の毛は永久に伸び続けるということはなく、一定の周期で成長して抜け落ちるという過程を繰り返します。

発毛してから抜け落ちるまでの周期をヘアサイクル(毛周期)と呼びますが、段階別に成長期、退行期、休止期の3つに分けられます。薄毛を考えるには、まずこのヘアサイクルについて理解しておくことが大切です。

成長期

成長期は毛母細胞が活発に分裂を繰り返し、毛細血管から毛乳頭が栄養素を受け取って、新たな髪の毛を作ってどんどん成長していく時期です。

最初は細い髪の毛も成長とともに、太くたくましくなっていきます。毛髪全体の80~90%が成長期と言われていて、一般的には2~6年ほど続きます。

退行期

退行期は活発だった毛母細胞の分裂が減少し、髪の成長が弱まって毛乳頭と毛母が分離します。毛母細胞は次の髪を生成する準備に入ります。

成長期から休止期への移行期間となるため、毛髪全体の1%程度と言われ、期間も2~3週間ほどと非常に短くなるのです。

休止期

休止期は髪が毛母細胞から分離している状態になり、髪の成長は完全に止まってしまいます。成長がストップした髪の毛は自然に抜けるのを待つことになります。

次の髪の毛の生成が始まるのと同時に髪が抜けます。髪全体の10%程度がこの状態と言われ、髪が健康だと長くなりますが期間はだいたい3ヶ月程度です。

薄毛はヘアサイクルの乱れで起きる

ヘアサイクルの仕組みからわかるように、正常な状態でも抜け毛は発生するものです。日本人の平均の髪の量は10万本と言われていますので、そのうち1万本は休止期に入って自然に抜けていきます。

では薄毛はなぜ起きるのかというと、ヘアサイクルが何らかの理由で正常な周期で働かなくなるからなんです。

ヘアサイクルが短くなってしまうと本来は長く成長するはずだった髪の毛が、十分に育つ前に退行期に移行してしまいます。

その結果、全体的に細く短い毛ばかりになってしまい、地肌が見えるなどの薄毛が進行してしまうということになります。

また、休止期の毛根の状態は次に成長期を迎えて、新しく生え始める髪に影響を与えます。血行が悪く頭皮環境が悪い状態では、しっかりとした髪が生えてきません。

薄毛を改善するためにはヘアサイクルを元に戻してあげることが必要になりますが、そのためには日頃から頭皮ケアをしっかり行なっておくことが重要になります

  • あなたの若ハゲ度を今すぐ診断

    若ハゲに悩む皆様に、育毛指南をいたします。
    年代別、度合い別、対策別にまとめていますので、必見ですよ。

PAGETOP