生活習慣を見つめる

ここでは、若ハゲ・薄毛の対策として気をつけたい生活習慣について解説しています。

見直したい生活の傾向、試したい今後の対策>>

生活習慣の見直しが薄毛・若ハゲ改善につながる

薄毛が進行していると感じた時に、まずできる方策としては生活習慣の見直しがあります。若ハゲや薄毛になる原因にはいろいろありますが、生活習慣の乱れが少なからず影響するからです。

では、実際にどのような点を改善すれば効果があるのか、注意すべきポイントについてまとめてみました。

ストレスの解消

ストレスは薄毛の最大の敵です。ストレスがなぜハゲの原因となるかというと、自律神経のコントロール機能を低下させてしまうからです。

自律神経は血管の収縮・拡張に大きく関わっていますが、ストレスによりバランスが崩れると血流が悪くなり、毛母細胞に栄養が行かなくなってしまいます。

ストレスをゼロにするのはなかなか難しいかもしれませんが、スポーツをしたり趣味の時間を増やすなど、自分なりのストレス解消法を見つけて実行することが大切です。

食生活の改善

バランスの悪い食事は髪の毛だけでなく、身体全体に悪影響を与えます。ジャンクフードなどに偏った食生活をしていると栄養不足になるだけでなく、脂質を多く摂ることになります。

すると皮脂の分泌が過剰になり、毛穴を詰まらせたり炎症を起こすなど頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまうので、抜け毛を増やしてしまいます。

特に肉類を多く食べる傾向にある人は、できるだけ野菜もいっしょに食べるように心がけて、ビタミンやミネラルなどを摂ることが必要です。

十分な睡眠

睡眠時間が短いことは薄毛・抜け毛の原因の一つになります。髪の毛が日中に受けたダメージは寝ている時に修復されるからです。

また成長ホルモンは夜中に多く分泌されるため、夜更かしをしていると毛母細胞が活性化されず髪の成長を妨げてしまいます。

髪が成長するのは午後10時から午前2時の間と言われていますので、昼夜逆転の生活をしている方はそうした生活習慣を改め、早めの就寝を心がけるようにしましょう

運動不足解消

運動不足になると脂肪を燃焼する機会が減って、身体に脂肪を溜め込むことになります。すると皮脂の分泌も多くなって頭皮が脂っぽくなったり、毛穴を塞いで抜け毛を増やしてしまいます。

また長時間筋肉を使わない状態でいると、筋肉が収縮し血行が悪くなります。肩こりなどになると頭部への血流が悪くなるため、髪の栄養不足を招きます。

普段から運動など身体を動かす習慣がない方は、激しい運動をする必要はないですが、軽いジョギングやウォーキングなどで筋肉量を増やして脂肪を燃焼させるようにしてください

禁煙をする

喫煙は身体にとって良いことは一つもありません。特に、タバコに含まれているニコチンには血管を収縮する作用があるので、頭皮の血流を悪化させてしまうのです。

血流が悪くなると髪に必要な栄養素が毛母細胞に運ばれなくなって、成長をストップさせてしまいます。栄養不足になれば薄毛・抜け毛が進行してしまうという結果になります。

AGA治療薬には血管を拡張するものがありますが、タバコには逆効果があるということです。薄毛・抜け毛をしっかり改善したいのであれば、今すぐに禁煙すべきでしょ

  • あなたの若ハゲ度を今すぐ診断

    若ハゲに悩む皆様に、育毛指南をいたします。
    年代別、度合い別、対策別にまとめていますので、必見ですよ。

PAGETOP