プロペシアとは

ここでは、AGA(男性型脱毛症)治療薬として使用されているプロペシアの効果について説明しています。

プロペシアってどんな薬なの?

プロペシアとはアメリカのメルク社が開発し、今では世界60カ国以上で承認されているAGA治療薬のことです。

もともとは前立腺肥大症の治療薬として使用されていましたが、AGA治療に効果があることが研究で明らかになり、1997年にFDA(アメリカ食品医薬品局)がAGA治療薬として認可されました。日本でも2005年に厚生労働省に認可されています。

プロペシアの主成分であるフィナステリドにはテストステロンをAGAの主原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する5αリダクターゼを阻害する作用があります。

プロペシアによりDHTの産生が抑制されることになり、乱れてしまったヘアサイクルが安定するため、抜け毛を少なくしたり髪が細く短くなるのを防ぐ効果が期待できるというわけです。

6カ月以上の使用で90%が効果を実感、3年間で98%の方に有効という臨床結果も出ていることから、AGA治療といえばプロペシアというイメージが定着しています。

プロペシアは医師の処方せんが必要な医薬品になっているため、街の薬局に行っても購入することはできません

また男性のみを対象とした薬で、妊婦または妊娠している可能性のある女性や未成年、肝臓病や肝機能障害のある人には処方されません。

なお、薬なので副作用もあります。発症率は全体の数%と少ないですが、性欲減退や勃起不全、精子の減少などが報告されています

プロペシアが効かない(効果なし)ケースとは

プロペシアの効果は数値だけ見るとAGA特効薬のように思えますが、服用した人全員の髪の毛がフサフサになるというわけではありません。

3年間で98%に有効というのは、現状維持も含めて何らかの効果が確認されたということですので、見た目にはそれほど変化が無かったケースも含まれるということは理解しておいたほうがよいでしょう。

また、プロペシアはAGAを対象とした薬ですので、AGA以外の脱毛症については効果はありません

脱毛症には円形脱毛症や脂漏性脱毛症など、男性ホルモンとは関連のない理由で発症するものもあります。

自分だけの勝手な判断でAGAだと思い込んでプロペシアを服用しても効果は期待できませんので、必ず医師に相談することが必要です。

この他、原因がAGAでも進行を長期間放置してしまうと毛包が退化してプロペシアが効かない(効きにくい)ことがあると言われています。

広範囲に脱毛が進行していれば、仮にプロペシアの効果があったとしても回復するのに時間がかかりますので、初期の段階で早めに何らかの手を打つことが大切ということになります。

  • あなたの若ハゲ度を今すぐ診断

    若ハゲに悩む皆様に、育毛指南をいたします。
    年代別、度合い別、対策別にまとめていますので、必見ですよ。

PAGETOP