徹底解明!抜け毛増の原因

ここでは、抜け毛の原因として考えられることにはどんなものがあるのか、その仕組みについて解説します。

抜け毛のワケを知ったらこちらへどうぞ>>

抜け毛が増えるのには理由がある

抜け毛があるからと言ってすぐにハゲるわけではありませんが、抜ける本数が増えてくると気になるものです。

毎日しっかりシャンプーしているから大丈夫と思っている人も、意外な理由で抜け毛が増えている可能性もあります。知っておきたい抜け毛の原因について紹介しましょう。

不適切な頭皮ケア

毎日シャンプーをしていても洗い方が雑で皮脂を十分に洗い落とせないと頭皮が不衛生になり、皮脂が毛根や毛穴に詰まって抜け毛を起こします。

逆に洗いすぎて必要以上に皮脂を落としてしまうと、かえって皮脂の分泌を多くしてしまうことになり良くありません。その他、毛染めも頭皮を痛めるので抜け毛を増やしてしまいます。

睡眠不足

髪は寝ているうちに育つと言われるように、髪の毛は夜間に成長します。特に夜の22時から2時までは副交感神経が活発化し、成長ホルモンが分泌されるため髪の成長のゴールデンタイムとされています。

昼に受けた髪や皮膚のダメージの修復は夜に行われますので、昼夜逆転の生活や夜更かしが続くと抜け毛が増える原因になります。

偏った食生活

栄養バランスのとれた食生活をしていれば問題はありませんが、極端な偏食や無理なダイエット、ジャンクフードばかり食べるなどしていると髪の毛が育つための栄養素を摂ることができなくなります。

食生活の欧米化により脂分が多くなる傾向にありますので、ミネラルが豊富な食事を心がけるのが改善の第一歩です。

過度のストレス

人間はストレスを受けすぎると身体に悪影響を及ぼしますが、髪の毛も例外ではありません。ストレスを感じると人の筋肉は硬くなって血管が収縮します

その結果、頭皮の血流が悪くなり髪に栄養が行き届かなくなることで抜け毛を増やします。また、円形脱毛症を引き起こす主な原因もストレスだと言われています。

喫煙習慣

喫煙は百害あって一理なしと言われますが、頭皮や髪にとっても良くありません。喫煙時に発生する微量な一酸化炭素はヘモグロビンと結びついて毛細血管を傷つけます。

喫煙が習慣化しているとこれが続くため、毛細血管が硬くなって血流を悪くしてしまいます。頭皮の血流が悪くなれば髪の毛は栄養不足となって抜けることになります。

病気・疾患

病気にも様々ありますが、特に内臓系の病気にかかっていたり手術などを行うと血液の循環が患部に集中するため、頭皮への血流が悪くなります。

病気であることを自覚している時に抜け毛が増えるのはこのためと考えられます。治癒すれば正常な血流を取り戻すことができますので、まずは病気を治すことです。

  • あなたの若ハゲ度を今すぐ診断

    若ハゲに悩む皆様に、育毛指南をいたします。
    年代別、度合い別、対策別にまとめていますので、必見ですよ。

PAGETOP