40からの育毛対策

ここでは、40代になってからでもできる育毛ケアで薄毛を克服する方法について解説しています。

あきらめない40代の薄毛対策は?>>

あきらめずにあらゆる角度から育毛ケア

40代になってからの薄毛は明らかに老化による影響が強くなります。老化は自分だけの力ではどうしようもありませんので、中には早々とあきらめてしまう人もいます。

ですが、しっかりとした対応をすることで40歳を過ぎても薄毛を克服することは可能ですし、実際に健康な頭皮を維持している人も大勢いますので希望を捨てないことです。

40代になると、3人に1人の割合でAGAを発症すると言われています。この点が30代までの薄毛対策と異なる点で、AGAを意識した育毛を心がける必要があります。

とは言っても、AGA治療薬を手に入れてそれだけ飲んでいればいいのかというと、それは間違いです。薄毛になる理由は様々な要因が複雑に絡み合っているからです。

40歳からの育毛ケアはそれまでの集大成と言ってもよいでしょう。髪や頭皮に良いとされることはすべて行うようにしましょう。

その中には当然、生活習慣の改善も含まれます。食生活や睡眠にも気をつかって規則正しい生活をして、身体の負担になるようなことは避けるようにします。

次に頭皮の環境を改善して活性化させることです。アミノ酸系のシャンプーを使って頭皮の状態を健全にした上で、頭皮マッサージなども積極的に行なって血行をよくし、代謝を高めます。

また頭皮を活性化するために髪の外側からだけでなく、内側からケアすることも考えたほうがよいでしょう。できればノコギリヤシなど、男性ホルモンの過剰分泌を抑える作用のある成分を含むサプリメントを活用します。

最後の決め手となるのは育毛剤の正しい選択

40代の育毛ケアで重要となるのはやはり育毛剤の選択です。育毛剤にはたくさんの種類があり、血行を良くするもの、髪に栄養を与えて毛母細胞を活性化するもの、皮脂の分泌を抑えるものなど効果も様々です。

ほとんどの育毛剤は複数の作用を持っていると思いますが、必ず押さえておきたいのが男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤です。

40代で薄毛が進行してしまう原因はAGAによるところが大きいため、血行がよくなるだけの育毛剤を使っていても大きな効果が期待できません。

具体的にはオウゴンエキスやヒオウギエキス、ジオウエキスなどAGAの脱毛原因となるDHT(男性ホルモン)を作る5αリダクターゼを抑制する働きのある成分が含まれているものを選ぶようにします。

AGA治療はまだ毛根が生きている状態にあってこそ、効果が得られるものです。完全に抜けきってしまって、毛根が死んでしまってからでは手遅れになります。

もし著しく薄毛が進行してしまっている場合には、AGA治療専門のクリニックでカウンセリングを受けてみるのもよいかもしれません。

40代は髪を取り戻せる最後のチャンスだと思って、慎重かつ大胆に行動することをおすすめします。

  • あなたの若ハゲ度を今すぐ診断

    若ハゲに悩む皆様に、育毛指南をいたします。
    年代別、度合い別、対策別にまとめていますので、必見ですよ。

PAGETOP