40代の薄毛を語る

ここでは、確実に老化が起きる40代の薄毛の特徴やメカニズムについて解説しています。

己を知るのが第一歩の40代>>

老化により40代で薄毛が一気に進行する

40代は明らかに老化による薄毛の進行が目立ってくる時期です。20代の頃の薄毛の主な原因は、乱れすぎた生活習慣です。30代になると徐々に老化が始まりますが、やはり生活習慣の影響も無視できません。

ところが、40代になると代謝が悪くなったり免疫力が低下する老化現象により、生活習慣を改善しただけでは薄毛を食い止められなくなってきます

細胞の代謝が衰えてしまうと、ヘアサイクル(毛周期)がだんだん崩れてきます。すると毛髪の成長が遅くなって髪の毛が抜けやすい状況を作り出してしまうのです。

今まで悩んだことがなかった人が、急に髪が薄くなったことを感じるようになるのも40代です。まさか自分が薄毛になるとは思わなかった、と驚く人も少なくありません。

ある大手かつらメーカーの薄毛に関する調査によれば、頭頂部が薄くなるO字ハゲであることを認識する率が、40代を過ぎると急速に増えることがわかっています。

M字ハゲやU字ハゲは前頭部の生え際が後退するタイプですので、鏡を見れば進行度合いも確認しやすいですが、O字ハゲは発見しにくい性質を持っています。

つまり本当は以前から少しずつ薄毛が始まっていたにもかかわらず、気がつかずに時を重ねてしまい40歳を過ぎる頃から一気に進行して自覚するパターンが多いということです。

40代の3人に1人はAGAによる薄毛で悩んでいる

薄毛になる原因には様々ありますが、40代になってからの薄毛はほぼAGA(男性型脱毛症)によるものと考えてよいでしょう。

40代でAGAを発症する人の割合は32%と言われています。これは30代の人の3倍強に当たり、20代の人の5倍になります。

およそ3人に1人がAGAによる薄毛に悩んでいる計算になり、40代になるとハゲは決してめずらしいものではないと言ってもよいでしょう。

AGAは5αリダクターゼと呼ばれる酵素と、男性ホルモンのテストステロンとが結びついてできるDHT(ジヒドロテストステロン)が、毛母細胞の機能を弱めることで発症します。

DHTの影響で、ヘアサイクルの成長期が短くなり、細くて短い髪の毛が多くなることが薄毛に結びつくわけです。

なぜ40代になると急にAGAの発症率が高まるのか、詳しいメカニズムについては明らかになっていませんが、老化現象の一種と考えることはできそうです。

  • あなたの若ハゲ度を今すぐ診断

    若ハゲに悩む皆様に、育毛指南をいたします。
    年代別、度合い別、対策別にまとめていますので、必見ですよ。

PAGETOP