30代の育毛事情

ここでは、はげてきたことに気がついたらすぐに始めたい30代の若ハゲ・薄毛対策について解説しています。

推して知るべし30代育毛の今>>

生活習慣やシャンプーの改善だけでは不十分

30代は将来を決める人生の分岐点と言えますが、薄毛対策にとってもヘアケアの仕方次第でその後の姿を左右する重要な時期でもあります。

はげてきたと感じたら早めの対処をしないと手遅れになってしまう可能性があります。黙っていても自然に薄毛が改善するということは絶対にありませんので、とにかく行動に移すことが重要です。

第一にすべきことは生活習慣の改善です。偏食をやめてバランスの取れた食事をするように心がけ、十分な睡眠も必要です。タバコは止めて深酒も控えるなど20代の延長になっているような生活は改めましょう。

また刺激の強いシャンプーを使用している場合は、育毛シャンプーに切り替えて頭皮の環境を整える働きのあるものにしましょう。

一般のシャンプーは石油系の界面活性剤が使用されているケースが多いため、少し高くてもアミノ酸系のシャンプーにすることをおすすめします

さて、シャンプーや生活習慣の改善は薄毛対策の基本なのですが、30歳を過ぎるとそれだけでは十分ではありません。

30代になると代謝機能も衰え始めますので、育毛剤を積極的に活用して髪の毛の成長を促すことも必要になります。

年齢的には経済的に少し余裕が出てくる時期なので、高価な育毛剤がよいと思われるかもしれませんが、大切なのは金額ではなく自分に合った育毛剤を選ぶことです。

30代が育毛剤を選ぶ時の注意点

若ハゲを対象とした育毛剤の主な効果には、

  • 頭皮の血行をよくして、しっかり栄養が届くようにすること
  • 毛根に栄養を与え、毛母細胞を活性化して髪を成長させること

の2つがあります。

育毛剤は配合されている成分によって期待できる作用も異なりますので、この2つの効果が明確に謳われているものを選ぶというのも方法の一つです。

ストレスで血行が悪くなっていたり、食生活が乱れていて栄養バランスが悪いなどの理由で薄毛が起きている場合には、最適な育毛剤と言えるでしょう。

さて、20代で育毛剤を使用する場合はこれだけでかなり効果があると考えられるのですが、30代では育毛事情が少し違ってきます。

それはAGA(男性型脱毛症)を意識した育毛も考える必要があるということです。30代になると男性ホルモンにより薄毛が進行してしまうケースも増えてきます。

薄毛が男性ホルモンの影響を受けている場合は、頭皮や髪の毛に栄養を与えて状態を整えるだけでは効果がありません。

この場合はAGAに効果があるとされる育毛剤、つまり薄毛の原因となる男性ホルモンを生成する5αリダクターゼの活性化を抑制する効果のある育毛剤を選ばなくてはいけません。

現在、販売されている育毛剤の中には天然成分配合で副作用の心配がなく、男性ホルモンを抑えてくれるものも数多くあります。

薄毛がかなり進行してしまっているという場合は、AGAである可能性も考慮に入れて慎重に育毛剤を選ぶことをおすすめします

  • あなたの若ハゲ度を今すぐ診断

    若ハゲに悩む皆様に、育毛指南をいたします。
    年代別、度合い別、対策別にまとめていますので、必見ですよ。

PAGETOP