30代で若ハゲに悩む

ここでは、はげてきたことを自覚するようになる30代の若ハゲ・薄毛の特徴について解説しています。

若ハゲに悩む前にこちらへどうぞ>>

身体全体の機能低下が始まる30代

30代になってから体力が落ちて疲れやすくなったと感じていませんか?その年代は、見た目は若くても身体の代謝機能や運動能力が落ちてきます

30歳になったとたんに衰えるわけではありませんが、生物としてのピークは過ぎているので、だんだんと老化してくるのは当然とも言えます。

老化は頭皮にも起きていて抜け毛が増えたり、髪の毛が細くなるといったことを感じるようになります。

もし頭皮のベタつきや赤み、フケ・かゆみが増えているようであれば、それは加齢とともに身体の免疫機能や代謝機能が低下する老化現象が始まっていると考えてよいでしょう。

代謝が衰えるので、若い時と同じような食生活や生活リズムを続けると、身体に倍以上の負担をかけることになります。

その結果、20代までは何とか乗りきれてきたとしても、30代になってから一気に薄毛が進行してしまうといったことが起きます。

30歳を過ぎてからはげてきたことを実感する人が増えるのはそのためです。もう若くないということを自覚することが薄毛対策の第一歩です。

微妙な生活習慣の悪さが薄毛に影響する

20代でも生活習慣がめちゃくちゃな人は薄毛になります。30代になってから薄毛を実感するということは、生活習慣は酷すぎるということはないにしても、微妙に悪いということになります。

よく言われることですが、睡眠不足や暴飲暴食、ストレス、喫煙・飲酒などの生活習慣に関しては今まで以上に注意しなければなりません

夜はできるだけ早めに就寝すること。また偏食をせずにバランスのとれた食事を心がける、喫煙は絶対禁止でお酒も飲み過ぎないようにするといった、徹底した改善が必要です。

運動をすることはストレス解消にもなり、血流をよくして代謝を高める効果があるのでおすすめです。

またパーマや毛染めなど、頭皮や髪の毛にダメージを与えるようなことはできるだけ避けるべきでしょう。

30代での生活習慣の改善は薄毛対策の基本中の基本です。ハゲの進行を抑えるだけでなく病気の予防にもなりますので、自分で完璧と思えるくらい見直しを行なってください。

  • あなたの若ハゲ度を今すぐ診断

    若ハゲに悩む皆様に、育毛指南をいたします。
    年代別、度合い別、対策別にまとめていますので、必見ですよ。

PAGETOP