育毛剤を使用する

ここでは、20代の若ハゲ対策と育毛剤を使用する場合の注意点などを解説しています。

おススメの育毛剤を使うなら>>

育毛剤を上手に活用して早めにスタート

20代は体力的にも元気で若さがあるため、あまり薄毛や抜け毛のことを気にしない人のほうが多いかもしれません。

しかし、少しでも薄毛の兆候を感じたら早めのケアをすることが重要です。対策を怠っていると若ハゲはどんどん進行してしまうからです。

20代から頭皮を大切にする生活習慣をつけておけば、後々30代、40代になって後悔することはなくなりますので、すぐにスタートすることです。

そのためには、食生活や睡眠など日頃の生活習慣を見直すだけではなく、積極的に育毛剤を使うとより効果的です。

育毛剤を使用するのは頭皮が良好な状態であることが前提です。頭皮が赤く炎症を起こしていたり、吹き出物がある、フケ・かゆみがひどい場合に使うと頭皮を痛めてしまうこともあるので注意してください。

さらに育毛剤には医薬品と医薬部外品の2種類があります。現在販売されている育毛剤のほとんどは医薬部外品なのであまり気にしなくてもよいですが、医薬品に指定されている育毛剤は効果が強い分、副作用の可能性も高くなりますので購入前にチェックするようにしましょう。

また、育毛剤はたくさんつければ効果が上がるというものではありません。用法・用量を守って頭皮をマッサージするように使うと、有効成分がよく浸透して効果がアップします。

自分に合った育毛剤を選ぶこと

育毛剤にはたくさんの種類があるので、どれを選んでよいかわからないといったことがあるかもしれません。

配合成分によって期待できる効果も違ってきますので、どのようなタイプの育毛剤なのかを把握して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

頭皮の血行促進タイプ

毛細血管を拡張させて血流を促す作用のある育毛剤です。このタイプを選んだほうがよいのは、頭皮の血行不良が考えられる場合です。ストレスを感じやすい、運動不足、脂分の多い食生活をしているような人に向いています

毛母細胞活性化タイプ

毛母細胞を活性化しつつ髪に栄養を与えて成長を促す効果がある育毛剤です。このタイプがおすすめできるのは、髪の毛の成長が遅くなったと感じていたり、髪の毛が毛穴から生えてこないと感じている人です

皮脂の分泌抑制タイプ

皮脂の過剰分泌を抑えて頭皮をスッキリさせる作用のある育毛剤で、タブレットとセットで使用するものもあります。このタイプが向いているのは頭皮が脂っぽい、髪の毛や毛根が細くなっているなどの症状を持っている人です

男性ホルモン抑制タイプ

薄毛の原因となる男性ホルモンを作る5αリダクターゼの活性化を抑えて、ホルモンバランスを調整する作用がある育毛剤です。M字やO字など、すでに男性型脱毛症が進行してしまっていると考えられる場合に選んでほしいタイプです

  • あなたの若ハゲ度を今すぐ診断

    若ハゲに悩む皆様に、育毛指南をいたします。
    年代別、度合い別、対策別にまとめていますので、必見ですよ。

PAGETOP