20代のうちに若ハゲを治す

ここでは、20代に起こる薄毛(若ハゲ)の原因やヘアケアなども含む対策法について解説しています。

20代で若ハゲを治す方法あります>>

私は大丈夫!と安心できない20代

薄毛というと中高年以降に起きるものと思われがちですが、20代で髪が薄くなることもあります。いわゆる若ハゲと言われるもので、意外と悩んでいる方が多いようです。

地肌が丸見えになるほどハゲあがっているケースは少ないものの、つむじの周辺が薄くなっている、前頭部の生え際の髪が弱々しく後退しているなど、薄毛の兆候を感じるようになります。

この年代ではヘアサイクル(毛周期)の能力が衰えるということは起こりにくく、原因として想定されるのはホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスの乱れはどうやって起こるのか。それは、ストレスや睡眠不足、飲酒など生活習慣から来る血行不良や男性ホルモンの分泌異常です。

こうした異常は自覚症状がないため、気がつかないうちに薄毛が始まっていたということもあります。

若い頃は無茶をしがちで、生活のリズムが乱れていてもあまり気にかけることはありません。今は若さで乗りきれるとしても、そのツケは後になって必ず回ってきます。

少しでも気になることがある場合は、早めに行動することです。薄毛対策に早過ぎるということはありません。

薄毛対策は生活習慣の見直しから

20代の頃から始めたい薄毛対策としては髪にいい生活習慣を身につけることです。

具体的に言うと、まずカロリーの高い肉類や脂っこい食事を減らして、ビタミンやミネラルなど髪に必要とされる栄養素を摂るように心がけます。

ファストフードやコンビニ弁当などは栄養バランスがあまりよくありませんので、頻繁に食べている場合は数を減らしましょう。

また睡眠を十分にとることも重要です。睡眠不足が続くようなことがあると成長ホルモンの分泌が減ってしまい、髪の成長にも悪影響が出てしまうからです。

できれば夜の10時台、遅くても0時前には寝るようにして6~7時間くらい睡眠時間があればよいでしょう。

スポーツをあまりしないという人はジョギングや室内でできる運動でも構わないので、運動をして代謝を高めること。喫煙は血行が悪くなるので止め、飲酒もほどほどにします。

この他、今までシャンプーを適当に済ませてきた人は、爪を立てずにマッサージをするように指の腹を使ってシャンプーを行うようにしてください。

使用するシャンプーは刺激の少ないもので1日1回を目安に夜に行います。朝シャンは毛根を傷めて抜け毛の原因となるため控えたほうがよいでしょう。

以上のような生活習慣やシャンプーの見直しでもまだ不安が残るという場合には、育毛剤を使ってみることをおすすめします

  • あなたの若ハゲ度を今すぐ診断

    若ハゲに悩む皆様に、育毛指南をいたします。
    年代別、度合い別、対策別にまとめていますので、必見ですよ。

PAGETOP